下部内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査とは、下剤で腸内を洗浄した後、大腸カメラを肛門から挿入し、大腸(直腸・結腸・盲腸)を観察する検査です。当院では経験豊富な院長が一人一人の患者様を丁寧に検査させていただきます。また当院では分光画像処理機能「FICE」を搭載した拡大内視鏡システムを用いて、腫瘍の悪性度などをより正確に判断するよう努めています。

検査は疼痛が少ない短縮法で検査を行い、基本的には軽い鎮静剤や麻酔薬を使用するため(ご希望の方は使用せずに行います)、ほとんどの方が痛みを感じず検査を行うことが出来ます。ただし腹部手術後など(特に骨盤手術)で癒着がある方は、どんな医師が施行しても多少の疼痛は伴います。詳しくはご来院の上お話をお聞きください。

また検査は、自宅でゆっくり下剤を内服していただく方法と、当院に来院し前処置室で下剤を内服する方法と二種類ございます。

良性腫瘍(ポリープ)や早期のがんが見つかった場合は、その場で切除することも可能です。


大腸がんについて

大腸がんは症状が出づらく、なかなか検査も抵抗があるものと思います。しかし大腸がんは年々増え続け、肺がん、胃がんに次ぐ死因第3位、女性の死亡原因では第1位です。大腸がんを予防するには、大腸カメラによる早期発見が一番の方法です。40歳を超えたら一度大腸カメラを受けることを是非お勧めいたします。

 

【検査が必要な方】

・血便・紙に血が付く

・便が細い・便が出切らない

・下痢と便秘を繰り返す

・腹痛が続く・腹部膨満感がある

・体重が減少している

・肉食中心の食生活

・血縁関係の方で大腸がんがいた

・過去にポリープを切除した

 

気になくことがあれば是非一度ご受診ください。



下部(大腸)内視鏡検査でわかる疾患

下部内視鏡検査は、大腸ポリープ、大腸腺腫、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性腸炎、出血性腸炎、大腸憩室、大腸ガン、痔などの疾患の診断・検査に有効です。



FICE(flexible spectral imaging color enhancement):分光画像処理機能

当院では富士フィルム製のFICE(分校画像処理)を搭載したフルデジタル内視鏡を導入しております。通常の内視鏡検査で得られたが画像をコンピューター処理し、通常モードではとらえにくい病気をより浮き立たせて映し出します。この機能により非常の早期の「大腸がん」などが見つかり、早期治療が可能になります。



下部内視鏡検査(大腸カメラ)の流れ

大腸内視鏡検査は下剤による前処置が必要なため、基本的に検査前には一度ご来院いただき、診察を受けて頂く必要があります。

※ただし緊急の場合は浣腸を行い、S状結腸内視鏡検査という大腸の半分まで挿入しての検査は可能です。

◆検査前日◆

水分をなるべく摂取することを心掛け、夕食は消化に良いものを召し上がってください(下記をご参照ください)。当院ではご希望の方に消化によい低残渣食もご用意しております。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

就寝前に下剤(ラキソベロン液)コップ1杯の水に溶かして全量お飲みいただきます。



◆検査当日◆

お食事を抜いていただき、ご自宅で朝7:00から腸の中をきれいにする水の下剤(モビプレップ)を飲んでいただきます。下剤総量2リットルのうち1リットルを2時間かけてゆっくり内服します。その後、お茶かお水を500ml飲んで頂き、排便が落ち着いた時点でご来院していただきます。来院後の排便状態を看護師が確認し、飲んでいただく下剤の量を決めていきます。

病院で下剤の内服をされる方は午前9時に来院していただき上記と同様の内容で下剤を内服していただきます。当院では、専用のトイレと個室をご準備しております。備え付けのテレビや書籍をご自由にお使いいただき、リラックスして検査を受けていただけるように努めています。

検査が終了するまでは食事は召し上がれません。飲水は可能です。

高血圧・不整脈などの大事なお薬は飲んでいただきます。(糖尿病のお薬は除きます)

便の回数、便の症状をお聞きします。

持参していただくもの

 

・保険証

・お薬手帳

・残りの下剤(モビプレップ)

・お茶またはお水500ml程度(採血・尿検査がない患者様はスポーツ飲料でも構いません)

1.受付(問診票記入)

スタッフの指示に従ってご記入ください。わからないことなどございましたら、お気軽にお尋ねください。

 

2.問診

内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行いますので、質問にお答えください。

 

3.診察

検査前に、診察を行います。検査を行うにあたり、問題が無いかを確認します。

また、検査前処置や検査方法など、検査完了までの流れをご説明します。

 

4.検査

検査前に更衣室にて検査着に着替えていただきます(鍵付きの更衣室と、ロッカーをご用意しております。)。

内視鏡検査を行います。力を抜き、リラックスして受けてください。

鎮痛剤と鎮静剤を注射します。(鎮静剤を希望されない方は行いません)

検査は10~15分で終わります。

腫瘍性病変などが見つかった場合は、組織の検査をすることもあります。

 

5.検査終了後

検査が終わって身支度を整えたら、少し休んでください。気分が悪い時は、お申し出ください。

 

6.検査結果の説明

画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。

治療が必要な場合は、医師からお薬の処方や今後の治療方針についてお話しいたします。

ポリープが大きすぎる等の理由で当院では切除できない場合は、適切な治療を行う医療機関へ紹介させていただきます。

 

※注意事項

血をサラサラにする薬(抗凝固剤、抗血小板薬)を内服している方は、事前に院長に申し出てください。

 

当クリニックでは、希望に応じ鎮静剤・鎮痛剤を使用いたします。使用した際は、当日車・バイク・自転車等の運転はしないようにしてください。