ピロリ菌検査

「ピロリ菌」という単語を聞いたことがあるでしょうか?最近はTVや雑誌など、日常生活の中で聞く機会も多いと思います。ピロリ菌は胃に生息する菌で、「胃がん」などの多くの胃の病気の原因と言われている菌です。日本は、特に先進国の中ではピロリ菌の感染率が高く、日本人の死因に胃がんが多い要因にもなっています。

ピロリ菌に感染すると胃の粘膜を障害し、長期間にわたって感染が持続すると、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、胃MALTリンパ腫、胃過形成ポリープなど様々な病気を引き起こします。さらにこれ以外にも、突発性血小板減少性紫斑病(ITP)などの血液疾患や、機能性ディスペプシア(FD)と言われる胃に病気がないのに胃の症状が治らない方や、最近では鉄欠乏症貧血や慢性じんましんも関連があるとも言われています。ピロリ菌に感染している方、特に若年者ほど、積極的な除菌をお勧めします。

除菌をするには、まず検査でピロリ菌を確認しなければなりません。いくつか方法がありますが、当院では楽で感度が高い尿素呼気試験を導入しています。除菌はまずは胃カメラで潰瘍や慢性胃炎を確認し、呼気試験でピロリ菌の感染を確認しなければなりません。確認できれば、「ピロリ菌除菌の保険適応」になります。

当院では自費でのピロリ菌検査(胃カメラを行わずに尿素呼気試験を行う)も受け付けております。詳しくは当院までお電話ください。

ピロリ菌検査の流れ 宇土内科胃腸科医院