生活習慣病について

生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症、痛風(高尿酸血症)などがあります。それぞれ異なった病気ですが、いずれも不摂生な生活習慣を続けることによって起こります。ご飯を食べ過ぎたり、運動不足が続いていると生活習慣病になりやすくなるので気を付けてください。

なお、生活習慣病は、一つ一つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることが少なくありません。糖尿病や脂質異常症など複数の病気になると、心臓病や脳卒中などの重大な疾患に結びついたりする危険性も高まります。そうした事態を招かないように、生活習慣を改善するための対策をとっていきましょう。

主な症状

生活習慣病になっても、初期の段階では殆ど症状が見られません。しかし、早めに治療しないと病気が進行し、最終的には命にも関わります。下記のような生活習慣の方は、医療機関を受診するようにしましょう。

  • 健康診断で血糖や脂質、血圧などの異常を指摘された
  • 定期的な運動をしていない
  • 20歳の頃よりも体重が10㎏以上増えた
  • タバコを吸う
  • お酒を飲み過ぎることがある
  • あまり歩かない(移動は車を使うことが多い)
  • ストレスが溜まっている
  • 睡眠不足の傾向にある
  • 朝食を食べないことがある
  • 夜遅くに食べてしまう
  • 濃い味付けを好む
  • 脂っこい料理が好きだ など

主な疾患名

高血圧

「高血圧」という言葉を耳にされたことがある方は非常に多いと思います。皆様方がイメージしている通り、血圧がある程度の範囲を超えて高く維持されている状態です。このような状態が続くと、血管壁が圧力によるダメージを受けてしまい、動脈硬化の原因になります。狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などの重篤な病気も引き起こしやすくなるので、早めに治療を始めるようにしましょう。食生活を見直し、適度な運動を続けることによって適正な体重に近づけます。特に、1日あたりの塩分摂取量を6g未満に抑えることが大切です。また、医師から薬を処方されたら、指示通りにきちんと服用して下さい。

脂質異常症

脂質異常症は、血液に含まれているコレステロールや中性脂肪などの濃度が慢性的に高くなってしまう病気です。自覚症状はほぼありませんが、放置していると動脈硬化が進行し、やがて心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因となります。エネルギー過多な食生活やお酒の飲み過ぎ、運動不足の方は脂質が高くなりやすいと言われています。食生活を見直すとともに、タバコを吸われている方は禁煙するようにしましょう。食事療法や運動療法だけでは改善しないときは、中性脂肪やコレステロール値を引き下げるための薬物療法も行います。

糖尿病

糖尿病は、血液中のブドウ糖が慢性的に過剰になってします病気です。何らかの原因によってブドウ糖が細胞にうまく取り込めなくなると、エネルギーとして十分に利用されず、糖尿病になってしまいます。このような状態が続くと、全身の血管に様々な問題が現れ、徐々に心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。腎臓が悪くなって人工透析が必要になったり、眼の網膜に異常をきたして失明するなど、深刻な事態にも陥りかねません。

糖尿病にも種類があり、残念ながら1型の糖尿病は現在のところ完治させることができません。しかし患者数の多い2型の糖尿病は、お薬による治療はもちろん可能ですし、生活習慣改善などのご自身の努力によってお薬に頼らずに治すことも出来る病気です。出来るだけ早く医療機関を受診し、治療を始めるようにして下さい。

痛風(高尿酸血症)

高尿酸血症は、血液中の尿酸が多くなり過ぎている状態です。この状態が続くと、針状の尿酸塩の結晶ができ、体のあちこち、特に足の親指の付け根に溜まって、痛みを引き起こします。これが痛風です。尿酸値が高くなると痛風になりやすくなるので、食事などの生活習慣を見直すようにしましょう。尿酸の元となるプリン体が多く含まれている食材としては、レバー、干し椎茸、魚卵、えび、かつお、いわしなどがあります。これらの摂取を控えめにし、栄養バランスの良い食事を摂るようにします。お酒の飲み過ぎには特に気をつけて下さい。また、食事療法と併せ運動で肥満を解消することも大切です。さらに、尿酸の生成を抑制する薬や尿酸の排泄を促す薬を服用し、症状の改善に努めます。

宇土内科胃腸科医院

〒862-0949
熊本県熊本市中央区国府1丁目19-5
国府電停&バス停より徒歩0分

096-364-7175

診療科目 / 消化器内科、内科、生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病など)
院長 / 宇土 翔

休診日:木曜、土曜午後、日曜・祝日
診療時間 日祝
9:00-12:30
14:30-18:00